NYダウの市況分析方法とは。

NYダウで取引をする場合、やはり市況の分析は必要不可欠です。
少しずつであっても利益を上げていくということが投資の最終目標になりますが、そのためには細かな分析が欠かせません。

そもそもNYダウは、株価の連動性を追求した結果考え付いた平均株価の計算方法です。
投資業界においても最も歴史が古いので、まさに基本中の基本と言っても過言ではありません。

話を戻しますが、「NYダウの取引をする」ということになったら分析は必ず行ってください。
その分析方法としてご紹介したいのが、「ダウ理論」と言われるもの。
チャート理論を唱えたチャールズ・ダウが提唱したセオリーです。
これは世界で最も知名度が高い株式チャートの主要トレンドを識別するための方法と言えるでしょう。

具体的なダウ理論には、以下のようなものがあります。

・株式の需給関係に影響を与える要素は、すべて相場に織り込まれている
・株式市場は、大勢的トレンド、中期トレンド、小トレンドの3つがあり、特に大勢的、中期が長期投資家に予想に向いている
・株式市場の上昇と下落は投資家の指導期、株式の反応、下落のクライマックスの3局面から成立している
・株価の横ばい状態が長ければ長いほど、かつ変動幅が狭いほど、急激な株価変動の序章となる
・株価と出来高の関係は上昇―増加、下落―減少という形でパラレル状になっている
・投資家心理に最も大きな影響を与えるのは、終値である
・株価が上昇方向か、下降方向か、横ばいかということを見分けることから始めるべし

ということです。
このダウ理論は、相場のトレンドの判別だけには不十分となりますので、それ以外のチャート分析の手法を組み合わせて株価動向を探っていくことが重要となります。
上記のダウ理論に付随するかたちで市況を知るにはウェブサイトでチャートを見ることや、経済新聞などでアメリカ合衆国の経済状態について把握しておくことなども大切ではないかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>